勃起状態

若いころは簡単に勃起できていたのに、歳をとってから、あまり勃起しなく
なったという人は多いのではないでしょうか。

精力のピークは男性は20代といわれており、30歳を過ぎた頃からゆるやかに
衰えてくるといわれています。

しかも最近は、生活習慣の乱れなどから、衰えるスピードが加速しているようです。

生活習慣が乱れると生活習慣病を引き起こす原因ともなります。
特に生活習慣病は、自覚症状があまりないものが多く、自分が生活習慣病に
かかっている事を知らない人も多くいます。

そんな生活習慣病にかかると、高血圧や高脂血症などになり、動脈硬化などを
引き起こすリスクはかなり高くなります。

実はこういった血管に関する症状が、勃起と大きく関わっているのです。
なぜなら、勃起という症状は、血管を通って血流を陰茎にある海綿体に流し込む
ことで起こります。

しかし上記のような症状があると、スムーズに血流が流れにくくなります。
つまり勃起ができにくくなってしまうのです。

これがいわゆるED、または勃起不全と呼ばれる症状です。
この症状が多いのはやはり中高年の男性に多くみられます。

このような症状になると勃起ができなくなるばかりか、動脈硬化などになると
心筋梗塞や脳梗塞などの恐ろしい病気を引き起こす原因にもなるのです。

シアリスの品質